スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

スポンサード リンク

30分で!Google App Engineの開発環境を構築!

おはようございます☆
さて、今回は約30分でGoogle App Engineの開発環境を構築してみましょう!

google app engine español

Google App Engineとは、時間と場所を超越したWebサービスを提供するための基盤であり、効率的なアプリケーションであれば月間約 500 万ページ ビューに対応できる十分な CPU と帯域幅を完全に無料で利用することができ、面倒なサーバーの管理などは不要で、高いセキュリティも確保できると、ご紹介しました。

 Google App Engineが脱サラを後押し
 Google App Engine を利用する7つの理由

開発環境の構築もわずか30分ほどです!

せっかくですので、現在の最新バージョンをフルに取り込んだ以下の環境で開発環境を構築してみましょう。

OS Windows 7 Home Premium (x64)
開発言語  Java 7
統合開発環境  Eclipse 4.3 Kepler Pleiades All in One (x86)
Google App Engine SDK 1.8.6
Eclipse-Plugin ・Eclipse - Google Plugin
 ・Eclipse - Slim3 Plugin
 ※アプリケーションをすべてx64で構築するとAntがうまく動作しなかったので、今回はx86ベースで構築します。

それでは、以下の手順で準備してみましょう。

 1.Googleアカウントの準備
 2.必要なモジュールのインストール
 3.プラグインのインストール
 4.設定


1.Googleアカウントの準備
まず最初に、開発用のGoogleアカウントを新規に作成して、Google App Engine を有効化ましょう。

「https://www.google.co.jp/」を開き、「ログイン」を押します。既にGoogleアカウントでログインしている場合は、一旦ログアウトしてから実施しましょう。
GoogleAccount_01.png

「アカウントを作成」を押します
GoogleAccount_02.png

アカウント名などの必要情報を入力し、「次のステップ」を押します。
GoogleAccount_03.png

これで、Googleアカウントが新規に作成されました。

次に、Google App Engineのページ「https://developers.google.com/appengine/」を開き、「使用を開始する」を押します。
GoogleAccount_04.png

「Create Application」を押します。
GoogleAccount_05.png

Google App Engineを最初に有効化する際には、ロボットでないことを確認するために電話の録音メッセージによる認証が行われます。電話番号を入力して「認証コードを電話に発信」を押します。その直後に電話がかかってきて、録音メッセージが流れます。
GoogleAccount_06.png

録音メッセージで言っている確認コードを入力して、「確認」ボタンを押します。
GoogleAccount_07.png

認証が成功すると、アプリケーション作成画面に移ります。一意なアプリケーションIDを入力します。
GoogleAccount_08.png

契約内容に同意するのであれば、「Create Application」を押します。
GoogleAccount_09.png

これで、世界中の人がアクセスできるあなたのアプリケーション基盤が作成されました。
GoogleAccount_10.png


2.必要なモジュールのインストール
次に、開発に必要なモジュールを準備します。

予め日本語化された統合開発環境 Eclipseを導入します。「http://mergedoc.sourceforge.jp/」を開き、「Eclipse 4.3 Kepler Pleiades All in One」を押します。
Eclipse-DL_01.png


「Java」の「32bit - Full Edition」をクリックして圧縮ファイルを任意の場所にダウンロードします。
Eclipse-DL_02.png

ダウンロードした圧縮ファイルを任意の場所に解凍します。
Eclipse-DL_03.png

解凍は「Lhaplus」などのフリーソフトを使用するとWindows標準の解凍処理よりも20倍くらい早く終わります。
Eclipse-Unzip_01.png

解凍されたフォルダを開き、「java」フォルダの中を見てみましょう。
Eclipse-Unzip_02.png

予めJava Development Kitのバージョン6と7がが組み込まれていることがわかりますね。
Eclipse-Unzip_03.png

次に、Google App Engineのページ「https://developers.google.com/appengine/」を開き、「ダウンロード」の欄の「Google App Engine SDK for Java」を押します。
GAE-SDK-DL_01.png

「appengine-java-sdk-1.8.6.zip」を押して、圧縮ファイルを任意の場所にダウンロードします。
GAE-SDK-DL_02.png

圧縮ファイルを任意の場所に解凍します。
GAE-SDK-DL_03.png


3.プラグインのインストール

さきほど解凍したEclipseフォルダ内の「eclipse.exe」を実行します。
Eclipse-StartUp_01.png

このような起動画面が表示されます。
Eclipse-StartUp_02.png

しばらくするとワークスペースランチャーが起動するので、開発したコードどなを配置するワークスペースの場所を指定します。デフォルトで入力されている場所で構いません。
Eclipse-StartUp_03.png

これで、Eclipseが起動しました。次に「ヘルプ」「新規ソフトウェアのインストール」を押し、次の画面で「追加」ボタンを押します。
Eclipse-GAEPlugin_01.png

リポジトリーの追加画面がでてきますので、任意の名前と、リポジトリー「https://dl.google.com/eclipse/plugin/4.3」と入力して「OK」ボタンを押します。
Eclipse-GAEPlugin_03.png

インストールできるモジュールの一覧が表示されますので、「Google プラグイン Eclipse」にチェックをいれて「次へ」ボタンを押します。
Eclipse-GAEPlugin_04.png

途中でライセンス認証の画面が表示されますので、同意するのであれば「同意します」にチェックをいれて「完了」を押します。
Eclipse-GAEPlugin_05.png

Google Plugin のインストールが始まり、右下のバーでインストール状況を確認することができます。
Eclipse-GAEPlugin_06.png

途中でセキュリティの警告が発生しますが、「OK」を押します。
Eclipse-GAEPlugin_07.png

最後にEclipseの再起動を要求されますので、「はい」を押します。Eclipseは自動的に再起動されます。
Eclipse-GAEPlugin_08.png

Eclipseが起動されると、画面の右下か左下に「Googleにサイン・イン」というボタンが表示されますので、それを押します。

さきほど作成した開発用のGoogleアカウント情報を入力して、「ログイン」を押します。
Eclipse-GAEPlugin_10.png

プラグインが各種許可を求めてきますので、承認するのであれば「承認する」を押します。
Eclipse-GAEPlugin_11.png

右下か左下にログイン中のアカウント名が表示されます。
Eclipse-GAEPlugin_12.png

また、同様の手順でSlim3のプラグインをインストールしてください。パッケージURLは「http://slim3.googlecode.com/svn/updates/」です。
Slim3-Install_02.png


4.設定
次に、開発環境の設定を行います。

最初に、Eclipseに導入したGoogle Pluginが正しく動作しない場合があるので、Eclipseの起動オプションにJDKを明示的に指定します。Eclipseが起動している場合は終了し、Eclipseのフォルダ内の「eclipse.ini」をテキストエディタで開きます。
Eclipse-Setting_00_1.png

「-vmargs」の行の上に以下の行を追加します。
 -vm
 [Eclipseの解凍フォルダ]\java\7\bin\javaw.exe

つまり、Eclipseが起動する際に、Eclipseに同梱されていたJava7のJDKを使用するように指定します。
Eclipse-Setting_00_2.png

次に、Eclipseを起動し、「ウィンドウ」「設定」を開きます。
Eclipse-Setting_01.png

設定の検索ボックスに「java」と入力して、一覧から「インストール済みのJRE」を選び、「java7」にチェックをいれます。
Eclipse-Setting_02.png

また、一覧から「コンパイラー」を選び、コンパイラー準拠レベルを「1.7」に設定します。
Eclipse-Setting_02_2.png

次に、設定の検索ボックスに「app」と入力し、一覧から「Google」「Appエンジン」を選び、「追加」ボタンを押します。
Eclipse-Setting_03.png

さきほどダウンロードして解凍したSDKのフォルダのパスを入力し、「OK」を押します。
Eclipse-Setting_04.png

バージョン1.8.6の Google App Engine SDKが追加されます。
Eclipse-Setting_05.png


これで、Google App Engine の開発環境が完成しました!
Complete.png



次は、15分くらいで作れる簡単なアプリを作ってみましょう~☆





 

スポンサード リンク

Google App Engine を利用する7つの理由

こんばんはぁ~☆(^-^)
三連休の中日、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
私は、コストコで買ったパンをひたすらかじっていた一日でしたぁ
だって36個もパンが入っていて、消費期限が2日しかないんだもん(゜-゜)

さて、前回のブログではGoogle App Engineは時間と場所を超越するための基盤と書きましたが、具体的に、どういったメリットがあるのでしょうか?

Google App Engine を利用する7つの理由

google merchandaising

①無料である
 Webアプリケーションの作成から全世界への公開まで、すべて無料で利用することができます。無料の範囲というのは、ある期間に縛られたりある特定の機能が制限されたりするわけではなく、Googleが提供する十分すぎるほどの一定のリソースの範囲内で、アプリの開発と公開を行うことができます。そう、あなたが思い立った次の瞬間から、あなたはWebアプリを自由に作って、世界中の人に使ってもらうことが簡単にできてしまうのです!

②無料の範囲が巨大である
 ひとつのユーザーアカウントで10つのアプリケーションが作成でき、最大 1 GB のストレージに加え、効率的なアプリケーションであれば月間約 500 万ページ ビューに対応できる十分な CPU と帯域幅を、完全に無料で利用することができます。また、リソースが上限を超える場合、少量のお金をGoogleに支払うことで、びっくりするくらいのリソースが確保できてしまいます。そう、まずあなたは十分すぎる無料リソースでアプリの提供を開始し、その後 追加リソースが必要になるくらいユーザーが利用するようになったのならば、Googleに少量の金額を支払うことくらい簡単だよねっという、最初から最後までWin-Winな基盤なのです!

③導入準備が不要になる
 ひと昔前ならば、開発するシステムがどれくらいの人に利用されるのかを最初に見積もり、それに基づいてハードウェアの設計、データベースの設計、ウェブサーバーの設計、ソフトウェアの設計、バックアップの設計、負荷分散の設計、、、そして設計が終わったらいよいよ構築してテストを重ねて、、、、このスピード社会では、そんなことしているうちにビジネスの機会をとっくに失ってしまうかもしれません。そう、Google App Engineなら面倒な導入準備の作業は一切不要で、あなたはアプリケーション本来の価値に集中することができるのです!

④開発がとても容易になる
 世界的に標準な技術であるJavaで開発することができます。また、Webのリクエストとは別のタイミングで処理を行うタスクキューやスケジュールタスク、双方向通信(Push通信)といった仕組みもそろっています。また、フル機能の完全なローカル開発環境が整っていて、ローカルで動いたらほぼ確実にデプロイ後も同じように動作する環境が整っています。また、先日、PHPのサポートも開始されたようですね。そう、あなたの知っている技術をフルに活用して、今すぐあなたのWebアプリを創ることができるのです!

⑤面倒な管理が不要になる
 Google のストレージ基盤はマシンが壊れることを前提に設計されており、各種データは複数のデータセンターおよび複数のマシンにレプリケーションして保管されています。そのため、たとえ複数のマシンが同時に壊れたとしても、また、どこかのデータセンターがまるまる破壊されたとしても、ユーザーにはなんら影響が及ばない仕組みとなっています。従って、データロスのためのバックアップの必要性は、限りなく小さくなります。 また、通常ならWebアプリケーションのリクエスト数やデータベースの使用状況を監視して、次のメンテナンスのタイミングで処理の負荷分散やリソースの増設またはシステムの更改などを検討しなければなりませんが、Google App Engineではそれらが一切不要で、リソースを管理する必要がありません。なぜなら、必要なリソースは自動的にスケーリングするからです。また、独自ドメインと連携させることで、お好きなドメインでWebアプリを運用することもできます。そう、Google App Engineを使えば、各種管理作業を限りなくゼロにすることができるのです!

⑥高い信頼性が確保される
 Googleの各種アプリケーションと同じセキュリティ、プライバシー、データ保護ポリシーが、すべてのGoogle App Engineアプリケーションに適用されるため、高い信頼性を確保することができます。そう、Google App Engineを使えば、Webアプリの周辺を取り巻く脅威に対してセキュリティは万全の状態で開発することができるのです!

⑦可能性が無限に広がる
 例えば、BigQueryというサービスは、数テラバイトのデータに対する毎回変わるような SQL クエリもわずか数秒で実行することができます。また、あなたのWebアプリから、Google カレンダーやGoogle Mapといった各種Googleのサービスと連携したアプリを創ることも簡単にできます。これによって、あなたが作るWebアプリは、いつでもすぐにGoogleの様々なサービスと効果的に連携することができるようになります。そう、Google App Engineを使うと、無限の可能性を手に入れることができるのです!

google office

考慮すべき点
ここで、Google App Engineを使うにあたって、考慮したほうがよい点についても簡単に挙げておきます。

30秒ルール
 Google App Engineでは、1回のリクエストに対して、30秒以内にレスポンスを返さなければいけません。従って、30秒以上ユーザーを待たせる処理の場合には、非同期通信を行って本来のレスポンスが返ってくるまではユーザーと違う対話処理を行うことを検討したほうがよさそうです。

ソケットやファイル書き込みの制限
 ソケットを開いたりファイルへの書き込みはできません。ただし、未確認ですが、これらの制限は、Google Compute Engineでまかなえるのではないでしょうか。

Javaクラスの制限
 一般的に使われているJavaのクラスであっても、Google App Engine上では使えないものがあるようです。ただし、Google App Engineのバージョンが上がるにつれて、使えるクラスは大幅に拡張されているようです。

頻繁にDBを更新するアプリには向かないかもしれない
 ストレージの仕組みが列思考DBMSなので、DBに対して膨大な更新をかけるようなアプリは少し工夫が必要となることが想定されます。

その他
ローカル開発環境のDatastore Viewerでは、未だに日本語が文字化けします(デプロイした先は文字化けしません)。また、セキュリティホールの影響などによって、GAEのアップデートが必須となったり、今まで使えていたJavaのクラスがセキュリティ上使えなくなる可能性も想定されると思います。



次は、Google App Enginの開発環境の構築について書こうと思います~☆

PS. おわっ、国から県民税・市民税の納税通知書が送られてきた!?えっ、半年分で17万近くぅぅ(◎_◎)こ、これが脱サラした人がみな口をそろえて言っている悪魔の通知書かぁ、、き・つ・い・。。。





 

スポンサード リンク

Google App Engineが脱サラを後押し

こんにちは~☆

今日は風が一段と強くて、洗濯物が心配です(゜-゜)トバナイデ


Google App Engineに出会って脱サラ
BARRIO SESAMO EN EL GOOGLE, QUE RECUERDOS / SESAME STREET IN GOOGLE

さて、みなさんは普段、どれだけGoogleのサービスを利用していますか?

私の普段の場合ですと、

  • Google Chromeで常に調べもの
  • 友達や企業とGmailでコミュニケーション
  • Google カレンダーを共有して家族のスケジュールを把握
  • 車で初めての場所に行く際にGoogle Mapアプリでナビ
  • BBQの開催前に、Google フォームで友達にアンケートを送って皆の参加の有無や好みを把握
  • 朝、娘がなかなか起きない時には、YouTubeで猫の動画を再生して一発で起こす


などなど、私はGoogleの各種サービスに普段から非常にお世話になっています。

また、これらのサービス以外にも会社の休み時間にGoogle ニュースを見たり、picasaで写真を共有したりしている方も多いのではないでしょうか?

さて、私は先月脱サラしまして、まずはお米の通販をやってみようと奮闘しているわけですが、私が、『自分でビジネスをやる!』と決意できたのは、何を隠そう先進的なGoogleサービスのひとつ、Google App Engineに出会ったからなのです。


時間と場所を超越した価値の提供が必要
Even 7000 light years away, Einstein’s theory of general relativity holds up @757Live

ひと昔前までは、コンピュータで何かの価値を得るためには、それぞれの人がそれぞれのコンピュータと向き合って、その場で価値を得ていました。

そうすることで、人はある程度時間を超越したわけですが、それらの価値を素早く別の人に伝えたり、異なる場所通しの円滑な情報伝達が必要とされる場合は、相変わらず時間の超越は極端に速度を鈍らせていました。

しかし、インターネットの普及によって、一度得られた価値は世界中を駆け巡り、離れた場所通しの情報伝達は一瞬のうちに実現されるようになることで、時間だけでなく人は場所をも超越したのですね。

そして、時間と場所が超越された現在、価値を提供する側に要求数の爆発的な増大が起こったのです。

つまり、限られた人や場所だけに価値を提供していればよかったコンピュータソフトなどは、世界中のすべての人に価値を提供することが求められ、すべての場所とさえ繋がっているだけでよかった電話やメールなどの通信サービスは、それぞれのユーザーの要求に合った価値を作って瞬時に送り届けることが求められたのです。

このように、これからの我々を取り巻く各種サービスは、時間と場所を超越した価値であることが非常に重要となるのです。


Google App Engineは
時間と場所を超越するための基盤

google app engine english

みなさん、先ほど冒頭で挙げたGoogleの各種サービスは、すべてがWebブラウザ上で快適に動作していることに気付かれましたか?

これらのサービスは、世界中の人が一斉に同時に利用しようとした場合でも、すべての人になんら問題なく価値を提供することができる仕組みになっているのです。

更に、Webブラウザで価値を提供することで、人がどのような場所にいたとしてもスマートフォンなどの端末を通してユーザーは必要な価値を必要な時に得られる仕組みになっているのです。

つまりGoogleのサービスは、時間と場所を超越した価値を世界中に届けているわけなのですね。

そして、この時間と場所を超越する基盤こそがGoogle App Engineなのです。



次はGoogle App Engineの詳しいメリットについて書こうと思います。


PS. あぁ~やっぱり!洗濯物が風で飛んでベランダに落ちてたぁ(◎_◎)
娘の服の数枚を洗い直しぃ~>< いいよあしたも家いるし(~_~メ)





 

スポンサード リンク

プロフィール

だるすけ。

Author:だるすけ。
 
なんのあてもなく脱サラして 独自ビジネスを始めます!

娘と家のローンを抱えながら、文字通り0から

苦戦に苦戦を重ねてなんとか実現したいと思います。


皆様にはあたたかい目で見守って頂けると幸いです。

宜しくお願い致します☆


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。